人事からみた採用とキャリアアップの実情

長年の採用・教育経験から新卒就活、転職、シニア転職、キャリアアップを企業側からの目線で情報発信していきます 

働くを考える

出世と能力は別物?

出世に拘るのは悪いことではない 能力的に似通った人間は気が合うのでしょうか?仲がいいとは別に、仕事の話を良くする同期は2人いました 当時の大企業は大学のランクで差別される部分を残していましたので 「俺たちみたいな二流大学はまず実績を作らないと…

サラリーマンは忠臣蔵ではない

武士道精神は続いていた 1999年 某大手タイヤメーカーの社員がリストラに抗議し社長室で自殺した事件がありました 壮絶な事件でした 私は当時、支店長として労働組合のエリア代表で月に一回は組合の会議に顔を出していましたので 組合活動の活発な2年間でし…

若者のライフプランへの警告

FIは良しでもREはまだ FIRE(ファイア)が若者のムーブメントとなっています 数年前から米国、そして欧州へと広がりを見せライフプラン 概念です 自社の社員でも当たり前のようにキャリアカウンセリングで話してくる若者もいるほどです FIREとは…

ハンセンのライフキャリア理論

キャリアの基盤に「生き方」という概念を置く 「生き方=ライフ」という概念をキャリアの基盤に持ち込んだのがハンセンの理論です Integrative Life Planning=「総合的人生設計」を1997年に著しました キャリア開発・プランにおいて 個人の満足だけでなく …

「学ぶ」は若さの薬

勉強法がいちばんの若返りのクスリ 60代でMBA(経営学修士)を取得し 3つの分野で博士号も取得 70代になってからは講演で全国を回っている佐藤富雄さんは「脳はどんどん成長し続ける」と主張しています 「50歳の時より75歳の今の方が格段に脳のスペッ…

シュロスバーグの理論

人生の転機とキャリアの転機 新入社員研修で「乾物屋」って知ってる?と聞くと この3年間知ってる人は0人です 20年前でも200人中10人以下でした 逆に30年前の人にコンビニを説明するのも一苦労です 社会に求められる仕事は変化していきます 環境…

短所を直すか 長所を伸ばすか

人が成果を上げるのは強みを活かすこと ピータードラッカーの言葉に 「人が成果を上げるのは強みによってのみである」とあります 「強みのみが成果を生む 弱みはたかだか頭痛を生むくらいのものである」 ようは短所はいいから長所を伸ばせ ということです 新…

競争社会で生きていく

資本主義は競争社会 「自己成長」の次は「競争」について考えてみたいと思います 日本は資本主義です 資本主義の核は競争社会です 「競争のないところに発展なし」という考えから社会が動いています 対する共産主義は「平等社会」です 「人間は公平でなけれ…

高齢者の就労の現状

高齢者の社会参加へのニーズ 高齢者と一口に言っても、健康状態 職業経験 家庭状況 経済状況 など人それぞれです 経済的に余裕があれば 生きがい やりがい が重要であり 健康状態によっては 労働時間 勤務体系 が重要になってきます 私達が面接で気にかけて…

人生100年時代の働き方

世の中は良くなっていくのが基本 進歩と変化はスピードを増してます 1年で30%以上の知識やノウハウが古くなる と言われています 上書きが必要だということです これを 「どんどん俺の身につけたものは古くなっていく」と嘆くか 「世の中はどんどん進歩し…

3ライフステージを考え直す時代

「陽」が極まれば「陰」となる 企業に対し、終身雇用を望む人は87.3%だそうです 9割の人が「最後まで雇用してくれることを望む」ということであり、残りは いずれ家業を継ぐ 独立起業する 経済的自立を果たし早期リタイアする ということです こう考える…

「いい仕事がしたい」と思い入社してくる

若い世代を異質に見ないこと 人間の気質は弥生時代からほとんど変わってないそうです 「最近の若い奴らは・・・」という発言は明治時代から繰り返されているようです どうも人間は他者の分類が好きなようで、自分と違う気質を警戒する習性があります 確かに…

新入社員のお金の知識

悪しきクセは病気と同じ 桜の花が咲き誇るように 様々な会社には新入社員が入ってきました まだまだ初任給が出るまでは日数がありますね 最初が肝心「お金の知識・考え方」を身につけましょう!(もちろん私も新入社員研修ではお金うんぬんはやりません)人…

社会人としての思考は環境で創られる

社会に出たらさまざまな考え方がある いよいよ新入社員の入社研修が始まりました 街には着慣れないスーツを着た新入社員をたくさん見かけます 新入社員入社研修の総責任者なので一日中しゃべりっぱなしです 新社会人に伝えたいことは山ほどありますが まずは…

就職で身につけるべき「氣」

理屈にないものが大事 新卒で入った会社の同期が早期退職制度で先日退職しました 全国転勤とはいえ異動幅が北海道→中国地方→東北地方→九州→四国と異様に広く、誰がやっても苦しい支店など いわゆる同期の中でも最も多くの「冷や飯」を食わされた人間です 久…

人口減少だか何をやってもダメではない

「人口が減るんだから」と水をさす人達 不動産投資に踏み込もうとしたとき「これから人口が減り続けるのだから大きな借金してやる必要はない」という人が多かったです 店を出そうとしたり、事業を起こそうとしたり これからチャレンジする人に 「これからは…

人口減少の未来をどう見るか

まだ日本は人口が多い とある伊豆半島の知人の話 「わたしの町では昨年の死者が150人で生まれた赤ちゃんが9人!死者が3桁になったな…と思っていたら出生は1桁になっちゃった」 これは日本全国いたるところで出ている問題でしょう 会社も東北出身者が多…

日本型 村社会は終わったのか

新世代から見ると謎の習慣 近隣の支店の新入社員の歓迎会は暗黙の了解で参加するならわしになってました 隣の市の支店の新入社員の歓迎会に出向いた時のこと 「ところで新入社員は誰?」 「すみません 今日は予定があるみたいで来ていません」 送別会も含め…

左遷 冷や飯 日陰部署

若いうちは左遷ではない 秦を打倒したのは項羽と劉邦です 先に秦を降伏させたのは劉邦ですが、武力が圧倒的だった項羽が覇王を名乗り 劉邦を西の僻地である「蜀」の王に追いやってしまいます ここから「左に遷都させられる」=左遷 という言葉が生まれます …

退職を考える段階説

マズローの欲求五段階説で考える 「えっ退職!最初はあんなに就職できたこと喜んでいたのに・・・・」 人間というものは時間の経過と共に変化していきます 欲求が変化していくのです 退職理由も変化していきます 良く知れ渡っているマズローの欲求五段階説で…

副業が当たり前の世の中になる

日本はすでに貧しい 副業が活発化しています コロナで在宅ワークや自粛生活が増え 「残業代が大幅に減り、その穴埋めしなきゃ!」という人も多いのではないでしょうか 中には月100万稼ぐツワモノもいるそうです ヤフーなどでも副業支援始めます 確かにじ…

子供たちに伝えたい働くということ

100記事書き綴り想うこと いつもブログを支えていただきありがとうございます 昨年12月から始めお陰様で100記事は超えることが出来ました 最初は「コロナウイルスによる100年に一度のパンデミックの時代にどう就職活動すればよいかアドバイスして…

群れから外れるのは思うより怖くない

見放され出した日本の組織 新卒入社を中心に キャリアカウンセリングを任されています 私が採用から行ってきたメンバーばかりなので最近はかなり腹を割ったカウンセリングになり「今の会社に残ってステップアップしていきたい」という若手は半分以下です 起…

やりたいこと できること 求められてること

キャリアアンカー3つの構成要素 以前、シャインの理論であるキャリアアンカーをご説明させていただきました tomohiro358.hatenablog.com そのキャリアアンカーには3つの構成要素があります ①才能・能力⇒自分にできること ②動機・欲求⇒自分がやりたいこと ③…

日本人は「腹」を重視する

頭だけではダメ!腹に落ちないと 海外の大学生を採用しています その教育担当は私です 「説明しにくい日本語」に「腹に落ちる」があります いつの間にか彼ら彼女らに「腹シリーズ」と呼ばれるようになりました ・腹に落ちる ・腹が立つ ・腹を決める ・腹を…

仕事は本来楽しいものでないと

生存に必要なものは快楽からはじまる 人類にとって最重要なことは ①生命の維持 ②繁殖 です 生命維持のためには食事が必要不可欠ですが「美味しい」は快楽です 次の繁殖も快楽から誘発されます 労働も必要な行為であるならば、快楽を得る行為でなければならな…

日本の教育は労働者量産教育なのか

学校でお金の教育がない 少し前までの情報源と言えば、テレビ・新聞・学校・周りの人間関係でした テレビ・新聞は免許事業であり、コンプライアンスもあり、モラルもあり、スポンサー企業への配慮もあり、情報はかなり加工されます インターネットの広がりに…

新しい世代が創る 新しい働き方

寄らば大樹の陰の終焉 思えば大学を出て新卒で就職してからは昭和入社世代との闘いの一面もありました 皆、いい大学を卒業し、長時間労働をこなし、すべてを犠牲にして実績を上げていました 「パワーがあるな!こうならなければならない」と最初は感じていま…

職業選択は学習の結果として行われる

クルンボルツの社会的学習理論 さすがにどこの学校の就活生も今年は動きが速いようです また業種もあまり絞らず様々な幅広い職種を研究しているとのこと いいことだと思います これは就活生だけでなく これから高校生になる 大学生になる 節目の学生も「将来…

我慢する意味のない社会

我慢の見返りのない社会 団塊の世代はニートやフリーターを認めない 昭和入社の社員は「今の若い奴らは我慢が足りない」と不平不満を言う 別に若い世代がDNA操作されて生まれてきたわけでもなく、日本の場合他民族との混血が活発なわけでもありません 同じ日…