人事からみた採用とキャリアアップの実情

長年の採用・教育経験から新卒就活、転職、シニア転職、キャリアアップを企業側からの目線で情報発信していきます 

正義中毒

f:id:TOMOHIRO358:20210921185602j:plain

人は群れで生きている動物

コロナ社会では〈 マスク警察 〉という言葉が生まれました

飲酒運転による事故が起これば〈 アルコール被害 〉を騒ぐ人がいます

〈 企業の不祥事 〉〈 政治家の失策 〉〈 芸能人の不貞 〉自分には関係ないことでも正義の代弁者として騒ぎ立てます

人類は古代より群れで生活していました

その方が〈 外敵から守りやすい 〉〈 狩りをしやすい 〉〈 農業の生産性がいい 〉などの様々なメリットがあったからです

群れで生活すれば ルール 〉が生まれます

「人を傷つけてはいけない」

「人のものを盗んではいけない」

などはとされ

「困っている人は助ける」

「弱い者は守る」

などの 心の基準も生まれます

行動の基準ルール

心の基準 =モラル

〈ルール〉と〈モラル〉を守ることで群れの中での平和を確立していました

人の性格は千差万別で〈ルール〉と〈モラル〉を過剰に意識する人もいます

f:id:TOMOHIRO358:20210921192325j:plain

生きるということは無自覚に罪を犯している 

私は菩提寺臨済宗の為〈夏休み座禅会〉〈春休み座禅会〉に小学生の頃は泊りがけで参加していました

夜は毎回〈野菜ばかりのカレー〉です

いつもお坊さんが食事前に同じことを言います

「人間は生きている植物・動物を食さなければ生きていけない

 生き物の命を奪って生きている

 そうして生かされているのだから

 いい考えを常に心がけ

 いい行動を常にするように

 貴方の命のお陰で今日も生きることができます

 お命いただきます」

「食事の前の『いただきます』とは生き物の命を頂きますということなのか・・・」

と覚えます

生きるということは大なり小なり罪であることを説かれます

親はお金を得るために働かなければならない

子供の健康にも気を遣う

元気がなければ心配する

だから

「いつも明るく元気に」

「常に感謝をすること」

などを説かれます

子供だから〈座禅会〉が終わればきれいさっぱり忘れます

しかし年に2回は同じ説教をさせられるわけです

生きることにより無自覚に罪を犯しているを定期的に考えさせられる機会は 大人になるとあまりありません

f:id:TOMOHIRO358:20210921200801j:plain

社会との距離感が緊張を生む 

社会に自然に溶け込む人もいます

大概〈知力か体力が圧倒的に優位〉な人です

多くの人は多少の緊張感があります

新しい学校に行く

会社に就職する

などは新しい群れの中に入るからです

緊張感は不安を生みます

「私は常に正しい」

「俺は正義がしっかりしている」

を強く心に固定しないと不安な人もいます

かなり四角四面の固い心の状態です

冷たい心の状態でもあります

これと反対の作用をするのが想う』『愛するです

熱く柔らかい心の状態です

愛する対象が

ひとであったり

子供であったり

ペットであったりします

モンゴルに

愛された者は愛し始める

という言葉があります

愛された経験

想われた経験

というのは非常に大切なような気がします

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

 

 

一事が万事

f:id:TOMOHIRO358:20210917191730j:plain

その一つの行動で全てがわかる

中学生の時の国語の時間

平家物語の冒頭の

祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり・・・」を

先生が解説します

同じバスケット部のY君

諸行無常=『この世で変わらないものはない』全くその通りだ!古典は本当にいい知恵を授けてくれる

と感心していました

対して私は

「これを明日までに暗記してこい・・・めんどくさい」

と考えていました

Y君は京都大学に進学し官僚になったと聞きます

一事が万事と言います

この一つの〈 考え方の違い 〉をみても〈 すべてがわかる 〉ような気がします

諸行無常=『この世で変わらないものはない』」と教わり

「素晴らしい真理を学んだ!」と喜ぶ人

「あっそ」とスルーする人

「テストに出そうだから覚えるか・・」という人

そもそも興味なく聞いてない人

この時点で将来が見えるような気がします

f:id:TOMOHIRO358:20210917194526j:plain

富は『知』のある方に流れる 

知ってる知らないの壁は大きいです

世の中の富は『知』のある方に流れ ていきます

義務教育期間の授かる知識は(基本的には)平等です

その後は結構バラバラです

・学校教育の違い

・周囲の会話する人間の違い

・読む本の違い

・観るメディアの違い

などなど人の得る知識は大きく違ってきます

そもそも「資本主義とは何ぞや・・」とよく理解しておらずに資本主義の世界に生きていたりします

やはりよく読書している人は強いです

知識が無い分を『行動力で補う』人は多いです

私もそうです

行動すれば

・現実が変わる

・結果から学べる

で体験学習していきます

「知恵を出せ!知恵が出なけりゃ汗を出せ!」です

現段階の貯金額の調査で

富裕層は年々増えている

反面

貯蓄額100万円以下の世帯も増えている

という調査結果があります

f:id:TOMOHIRO358:20210917202050j:plain

中央値をとって「平均2000万円ある」と言ってるだけなのが現実です

実際の60歳以上の資産額はUの字です

コロナ下で資産がますます厳しくなった人

逆に株などで増えた人

格差は『知』の有無で広がっていきます

f:id:TOMOHIRO358:20210917202458j:plain

考えてくれる人のお陰で世の中は良くなっている 

「金持ちは汚いことをしている」

などはほぼ言いがかりです

『知』の格差は

目の前の苦難に文句を言う人

何とか解決しようとする人

で別れてきます

猛暑の夏を快適に過ごせるようになったのも

極寒の冬を暖かく過ごせるようになったのも

考えて解決してくれた人たちがいたからです

『知』が多いということは

・考える幅が広い

・考える深さが深い

・考えるスピードが速い

に直結します

従って主体的です

『知』が少ないと解決に至るまでの思考が稼働しないので文句や不平不満が多くなります

いつからでも学習はやり直せます

佐藤富雄さんの再学習は57歳からです

「海馬は年を重ねるほど発達できる!

 アイデアは年をとるほど生まれやすい!

 50歳からの再学習で脳はますます発達する!

 脳には不思議な力がある」

と言います

学生期間だけが学習ではないのです

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

 

 

「遊ぶ」は高度な知能を持つ証明

f:id:TOMOHIRO358:20210914185536j:plain

自分の時間が多いは重要

私が学校を出て最初の企業を選んだのは『休日の多さ』でした

昭和40年代から〈 週休二日制 〉を導入しており

平成の時代には〈 週休三日制 〉が導入間近でした

グループ企業の一部はすでに〈 完全週休三日制 〉が実現できておりましたが

効率化のが上手くいかず〈 週休三日制 〉ではなく〈 隔週週休三日制 〉となりましたが〈 フレックス休暇 〉なども導入し『年間休日140日以上』でした

企業選びの条件はいろいろとありましたが

自分の時間は多いほどいい

給料も多いほどいい

というのが〈 裏面の志望理由 〉です

あとは『ノルマがきつい』『全国転勤』『ハードワーク』などは全然気にしませんでした

『企業理念』や『社会貢献』などは重視していない学生だったと言えます

世間全体では

「労働時間の長い社員は偉い」

サービス残業は美徳」

という昭和の労働文化がまだ色濃い時代でした

「休みにつられてくる大学生なんてろくなやつがいない」

という採用担当者は多かったと思います

そういう風潮でさえも 自分の志向は

「高賃金重労働」ではなく

高賃金高能率が理想だったと言えます

f:id:TOMOHIRO358:20210914192646j:plain

効率を上げるためには自分時間が重要 

労働8時間・自由時間8時間・休養8時間

と言いますが

自由時間には『通勤時間』『昼の休憩』

女性なら『食材の買い出し』『朝晩の調理』などもあったりします

とても自分の自由な時間が8時間とはなりません

『休みはきちんと取らせる』

『休憩はしっかり所定時間取らせて干渉しない』

『定時で仕事は終える』

『休日の社員には電話はしない』

この方が 明らかに効率が高い仕事ができ

定着率も高く人手不足とは無縁です

睡眠時間はしっかり確保

遊ぶ時間もしっかり確保

がこれからの仕事の基準になります

日本人は非常によく働きます

『まじめ』で『組織に忠実』で『労働時間が非常に長い』です

にもかかわらず

先進諸国の中で労働生産性が最も低いのが現状です

日本人の勤勉さはいいことですが現実は効率が悪いという事への理解と改善が求められてます

f:id:TOMOHIRO358:20210914201552j:plain

「遊び時間が多い」を美徳とする 

遊ぶというのは高度な知能を有している証です

人生が100年になったら健康の知識』『お金の知識の次に遊びの知識が重要になると思います

男性にありがちな〈 遊びを知らない 〉⇒〈 仕事辞めたら急に老け込む 〉は長い退屈な苦痛を味わいます

遊ぶといっても人それぞれです

『スポーツに打ち込む』

『山登りやキャンプや釣り』

『仲間とのコミニュケーション』

『旅行やドライブ』

などの動の遊びの人

『本を読む』

『パソコンで楽しむ』

『美術や音楽に打ち込む』

『ひたすら映画鑑賞』

など家から出ない静の遊びの人

『ペットと遊ぶ』

ガーデニング

『ファッション大好き』

など多種多様です

「仕事は6時間でいい⇒ あとは遊びにあてた方がいい」

と主張する人もいれば

「仕事は3時間でいい⇒ あとは学びにあてた方がいい」

という人までいます

教養のある人ほど労働時間を短縮せよ!」と言います

長時間労働は大量生産・大量消費の時代に生まれた価値観です

堺屋太一の言うように「目指すべきは『楽しい日本』」ということに間違いはないようです

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

 

 

「努力」に勝る「夢中」

f:id:TOMOHIRO358:20210913185550j:plain

努力する姿は美しい

大概の教師や親は子供の努力を評価します

子供も「努力すると褒められる」と摺り込まれていきます

他者を見ても努力する姿は美しいと感じます

全く努力せずに結果が良くても『すごいな』と思っても『美しい姿だ』とは感じません

チャレンジすること

努力すること

いい結果を出すこと

の順に重要で

結果のみを評価しているとチャレンジしなくなってきます

世の成功者も努力したことをアピールすることが多いです

「運が良かった」

「タイミングが良かった」

「周りのお陰」

「元々得意なこと=才能があった」

では周りの評価がいまいちだからです

社会人になると 結果にウェイトが置かれてきます

仕事に余裕がない上司だと

「結果を出せ!結果が全てだ!」

「いい報告待ってるぞ!」

と途中のプロセスを観る余裕がありません

幼少期より摺り込まれてきたのが努力が一番評価されるです

「結果だ大事なのはわかるけど・・・」

ここが仕事の熱量を下げる要因になったりします

f:id:TOMOHIRO358:20210913192846j:plain

「好きなこと」なら一石二鳥 

最も重要なのはチャレンジすることだと思います

成功すれば「報酬」「賞賛」「評価」などの多くを得ることができます

失敗すれば「学び」を得ます

「こうするとこうなるんだ」というのは貴重な情報です

努力はどうなのか・・・

業績が抜群の社員を観てみると

2~3割が「頭が下がるほどの超努力型

7~8割が「努力せずに済む仕組みを構築しているように見えます

努力型に対して「工夫型」「考える型」というのでしょうか・・・

「いい結果を出したい」はほぼ全員共通だと思います

f:id:TOMOHIRO358:20210913195258j:plain

「努力する姿は美しい」もありますが

努力するのはしんどい

できれば極力努力せずに結果を出したい

と考える人間の方が多いように思えます

努力より大きなパワーが出せるのが夢中になるです

こちらは好きで没頭してますから 努力より上です

〈 夢中になる 〉ものがあるなら極上の人生

〈 夢中になる 〉仕事なら天職

といえます

「努力は『考える』『工夫する』に勝てず」

「努力は『夢中』に勝てず」

なのかも知れません

f:id:TOMOHIRO358:20210913200241j:plain

要点を抑えた努力をする

はじめて営業の支店に出た時のチーフは〈 努力型 〉でした

両親ともに教師です

いかにも努力信仰の中で育ってきた人という感じでした

結果が出せない期間が続くと心が病んでいました

定期人事で北関東の別の支店から 業績抜群のチーフが来ることになりました

「Kは素晴らしい実績を上げ続けている『かなりの努力家』だと思う 見習えよ」

と言い最初のチーフは転勤していきました

次に来たKチーフは想像と違いのんびりしています

「夏は海」「冬はスキー」

「飲みに行ったときは仕事の話はやめて」

という人でした

いかに最小限の努力で済ますかをいつも考えてます

努力で賞与は変わらないが 実績では賞与は大きく変わる

無駄な努力が多い『要点を抑えて努力』しないと

とよく口にしていました

「朝は出来るだけ遅く来たい」

「できるだけ早く帰りたい」

「でも実績は必ず上げる=ボーナスが上がるから」

という思考です

若手時代に学んだことは

チャレンジすることは重要

結果を出すことは重要

あとは各自の考え方の問題

ということでした

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

 

 

自分の中の妄想を自覚する

f:id:TOMOHIRO358:20210911192746j:plain

意外に多くの妄想に縛られている

「うちの会社では商品企画がエリートコースだ」

「営業で実績を作らないと認められない」

「頭のいい奴は企画部にいく」

企業で働く人にはその会社の価値観があったりします

親が子に対しても

「野球部でレギュラーにならないと」

「○○大学に入らないと」

「大企業に就職しないと」

という親の考え方を押し付けたりします

「人生とは『自分を高め』『実績を積み』『多くの人に認められる』ことが重要だ」

という 意識の高い考え方 もあれば

「人生はさほど生きる意味はない『いかに楽しく生きるか』が重要だ」

という 自然体の発想の人 もいます

「学生時代が終わったら 就職して定年まで 働き続ける」

「ある程度の年齢になったら 結婚して 子供を作る」

このようなものはすべて考え方であって 乱暴な言い方をすれば妄想です

人の影響を受けにくく『我が道を行く』人はいいです

人の影響を受けやすい人や

「親に認められたい」「周りに評価されたい」という承認欲求が強い人は 妄想に振り回されます

f:id:TOMOHIRO358:20210911195818j:plain

「禅」と「哲学」 

スティーブ・ジョブズに大きな関心を寄せていたそうです

「禅」といえば曹洞宗臨済宗

曹洞宗はひたすら座禅を組むことにより無の境地を求めます

臨済宗問答を重視しています

とんちの一休さん臨済宗です

「このはしわたるべからず」⇒「じゃあ端でなく真ん中を歩こう」

「屏風の中の虎を退治しろ」⇒「じゃあ屏風から虎を追い出してください」

『問答』を極めているうえに『とんちの才能』もあったので 切り返しが鮮やかです

修業とは常に物事を自分で深く考え続けることというのが日本の臨済宗です

西洋の哲学も同じです

常に「○○とは・・・」を考えていきます

こちらは何千年もの賢人たちの思想が書物になっています

私達は周りに押し付けられて定着してしまった考え方に縛られて苦しんだりします

それを脱するには自分で深く・広く・柔軟に考えるしかないような気がします

f:id:TOMOHIRO358:20210911202345j:plain

自分の真価に気づく

何かをすると批判されたりすることがあります

ですが『批判は批判する人の力量を示すもの』です

やましいことがないのであれば 何を言われても気にしないという生き方が望ましいです

ドイツの作家 ジャン・パウル

身の上に起こる幸不幸は

その大きさによってではなく

感受性に応じて我々の心を動かす

と言います

気にするから苦しいのだと解釈できます

法治国家の国民として法律は守らなくてはなりません

ですが「思考は自由」なのです

縛られ・苦しんでいる妄想があるのなら

それに代わる新しい考え方を 自分で見つけるか 生み出すしかないと思います

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

 

 

無意識な依存症

f:id:TOMOHIRO358:20210910192856j:plain

社会の進歩と人類の進化のずれ

人類は250万年も狩猟採集生活をしていました

農耕がスタートしたのは1万年前からです

産業革命は250年前です

社会は急速に進歩していきます

対して生物的進歩は遅く

人間の脳や体は狩猟生活の頃から大して変わっていません

ビタミン接種は非常に重要である為『果実を接種』する機能として『甘いものを求める』ように出来ています

甘いものを食べると脳から快楽ホルモンが出るのです

ビタミン=果実⇒甘いものという機能がまだ残っているのです

果実の糖分に比べ人工的に作られた〈 添加糖 〉は非常に体に悪いにですが〈 脳からの指令 〉により甘いものを求めます

「甘いものは別腹」

「甘いものは脳に良い」

ということはなく

得られるのは〈セロトニン〉〈ドーパミン〉などの幸せホルモンです

f:id:TOMOHIRO358:20210910201146j:plain

マウス実験から見る依存性

実験用マウスをレバーのある容器に入れます

レバーを叩くと望みのものが出てきます

例えば10回たたくと〈甘いもの〉が出るとします

次は20回・・・など叩く回数をどんどん上げていきます

100回ほどで諦めるものもあります

依存度が高いとかなり叩きます

1000回超えても叩き続けるものがアルコールです

アルコール依存症が最も恐ろしい依存症です

甘いものをいくら食べても性格は激変はしません

ニコチンもそうです

対してアルコールは「顔が赤くなる」など人体に変化があったり

なにより〈 判断能力を失う 〉〈 性格が荒っぽくなる 〉など脳に変化があります

睡眠にも障害が出ます

質のいい睡眠が出来ず〈成長ホルモン〉がでません

疲れが残るのです

さらに老化が進み

DNAまで傷つける唯一の飲食物です

古代中国に『新』という国がありました

国王は酒税からもっと税をとるために酒は百薬の長」=健康にいいもの

とアピールします

いまだに使用されている恐ろしいキャッチコピーといえます

私の会社に出入りする産業医の先生までも

「酒は百薬の長と言いますから少量ならいいと思います」

と言います

日本も明治政府以降酒税は貴重な財源でした

日清・日露戦争は酒税が主な戦費でした

テレビも「酒は悪い」とは絶対に言いません

気付くと思いますが『酒類のCM』は非常に多いです

大切なスポンサーなのです

アメリカは過去「酒は国民を堕落させる」酒類を全面禁止したことがありました

アルコール依存症の国民は多く

なんとしても酒を確保しようとします

裏ルートができます

結果〈 アルカポネ 〉に代表されるマフィアが力をつけていきます

〈甘い食べ物〉も〈アルコール〉も快楽ホルモンを得る代償に健康を害するものといえます

f:id:TOMOHIRO358:20210910205425j:plain

新たなる依存症 

はじめて緊急事態宣言が出た昨年の4月「必要最低限の外出はしないように!」と寮生にきつく命じました

「エネルギーが有り余ってる若者が我慢できるわけがないか・・・」

と思っていましたが 意外にコンビニ行く以外の外出はありません

「まじめだな・・・」

と思っていると寮の「Wi-Fiが通じない!」と大騒ぎになる日があります

「外出制限中にスマホが使えないのは辛すぎる!」

なんと多い人間は14時間もスマホをいじってます

完全なるスマホ依存症

スティーブ・ジョブズも自分の子供達にはスマホiPadも持たせません

台湾のIQ180のオードリータンもガラケイです

明晰な頭脳から〈 スマホの害 〉がわかっているようです

私達の身体自体は石器時代から大して変わっていないのに

次々に社会では〈 快楽を得るもの 〉が出来てきます

かく言う私もお酒は大好きですが『飲み会は月に2回まで』としました

甘いものは『筋トレした日のみ』とし

スマホは(通話以外)『1日2回しか触らない』

としました

依存症は自分との戦いのようです

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

 

 

変化を求める自分・変化を嫌う自分

f:id:TOMOHIRO358:20210909195110j:plain

リモートで判明した仕事の実態

コロナ社会も1年半経過しました

日常生活も変わりました

仕事の仕方も変わりました

リモートワークはデメリットももちろんありますが

・交通費が激減

・コピー代が激減

・リースしていた会議室代がゼロ

・出張費ゼロ

などのメリットもありました

様々なコストを見直す機会にもなりました

オフィスワークだと意外に隣の人の仕事を知りません

パソコンに向かっていれば仕事をしているように見えます

この辺もあぶりだされます

この人たいして仕事していなかったんだ

というベテラン社員も多かったです

いやおうなしに仕事の見える化がなされました

仕事の仕組みが大きく変わった職場

ほとんど変わらなかった職場

様々だったと思います

コロナウイルスの蔓延では〈早く・大きく〉変化を余儀なくされましたが

そうでなくとも 仕事は少しずつ変化していきます

f:id:TOMOHIRO358:20210909201331j:plain

人間の脳は2重構造

「もっとこうして欲しい」

「ここはこうすべき」

人は周りには変化を求めます

それが快適で便利な社会を作ってきました

不平不満が社会を良くすると口癖の上司がいました

調理師が〈大根のかつらムキ〉や〈キャベツの千切り〉に取り組みます

最初は大脳で考えながらやります

やがて大脳から小脳に落とし込まれていきます

そうすると 他のことを考えながら出来るようになります

パソコンも「Gはどこだ?」「Uはどこ?」

キーボードの位置さえも戸惑いながら操作します

何でも考えずにできるようになるのは 小脳に落とし込まれたからといえます

マスターした

身につけたとも言えますが

変化を嫌うようになります

そういう仕組みで固まってしまってるからです

若いから新しいものを取り込めるのではありません

何もスキルがないから取り込めるのです

身につけたものが多いからこそ変化を嫌うとも言えるし

人には変化を求め 自分は変化を嫌うとも言えます

・変化をさせてはいけないもの

・少しずつ変化していくもの

・早く変化しなければならないもの

と分類されます

f:id:TOMOHIRO358:20210909204054j:plain

 問題は「人生が長くなること」と「変化スピード」

問題なのは

人生が長くなること変化スピードのアップです

2030年から加速度を増し

2040年には今とは別世界

と言います

これを悲観的に見てはいけないと思います

社会をより快適にするために変化は起こるからです

例えば〈培養肉〉もスタンダードになります

・動物を大量に殺傷する問題

・環境的問題

・動物から発生するウイルスが70%なので それを防げる

社会を良くするための取り組みなのです

報道は視聴率を稼ぐために〈世の事件〉ばかり流します

それにより〈世の中は悪くなっている〉と思いがちですが

世界はどんどん良くなっているのです

とはいえ消えていく仕事も出てきます

・自動運転が標準化すれば〈ドライバー〉が消え

・培養肉になれば〈畜産業者〉

ブロックチェーンで〈金融機関〉

〈AI〉や〈3Dプリンタ〉などはかなり幅広く職業を変えていきます

進歩には犠牲はつきものなのかもしれません

昭和末期に書かれた書籍にも

少子高齢化になる」

「テクノロジーはますます変化し仕事が消えるものもある」

と警告しています

学生の私はしっかり赤線を引いてあります

「こんな頃から言われてたんだ!」

今になって気づきます

凡人は「夏に冬のことは考えない」ようです

周りに変化・改善を求めるのと同じくらい

自分も変化・改善をすればよい

と言われてます

平安の頃より諸行無常=この世に変化しないものはない」とわかっているわけです

最も刮目しなければならないのは「自分の変化に対する関心度」のような気がします

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました