人事からみた採用とキャリアアップの実情

長年の採用・教育経験から新卒就活、転職、シニア転職、キャリアアップを企業側からの目線で情報発信していきます 

社会の知恵袋

キレる脳回路・キレない脳回路

怒りはすべてを台無しにする 新入社員の時 社長も新社長に変わったばかりでした 社長のプロフィールに 嫌いな人=「本を読まない人」とありました 大学時代、本は買うが最後まで読まない本も多いし、読んでも忘れてしまう 到底、読書家とは言えませんでした …

未来に対して肯定的な思考をもつ 

過去は都合よく上書きする 人間は 過去は美化する が 未来は不安視する という特徴があります よほどの嫌なことでない限り 過去の嫌なものは忘れ いい思い出だけを記憶に残すようです これはいい機能だと思います 家では親にうるさく言われ 学校でも先生に注…

一極二元論で社会を観る

人は陽転を目指して行動する 「お金のない悲劇 お金のありすぎる悲劇」 たまに聞きます 遺産相続で兄弟の争いが激化した 「あんなに仲の良い兄弟だったのに・・・」お金がありすぎたばかりで悲劇が起こったなどの例は多いのかもしれません 一極二元論・・・…

子と部下の共通した使命とは

子は親を剋すのが自然界の法則 親孝行とはなんでしょう? 「感謝の言葉や行為を示す」 「体の不調なところを気遣う」 人それぞれいろいろと言うでしょうが まとめると似たような内容になるのではないでしょうか 中国道教の老子の自然哲学で学んだことです(…

神は成功など望んでいない

挑戦することこそ価値がある God doesn’t require us to succeed; he only requires that you try 神様は私たちに 成功など望んでいません ただ 挑戦することを望んでいるだけです ノーベル平和賞受賞したカトリック教会の修道女 マザー・テレサの言葉です …

シックス・ヒューマンニーズ

人が潜在的・本能的に欲しているニーズ マズローの欲求段階説は「段階を経て欲求は変化していく」を説き 前回のライフフォース8は「人が欲している欲求」を説いています 今回のシックスヒューマンニーズは同じく「人が欲している欲求」です この3つは同じ…

ライフフォース・エイト

生命のもつ8つの力 ライフフォース8(LF8) 心理学のコンサルタント ドルー・エリック・ホイットマンの著書『クロージングの心理技術21』に記したものです 私達人間のDNAに組み込まれた生物学的な8つの欲求です この8つの欲求に沿って人間は行動し…

競争社会で生きていく

資本主義は競争社会 「自己成長」の次は「競争」について考えてみたいと思います 日本は資本主義です 資本主義の核は競争社会です 「競争のないところに発展なし」という考えから社会が動いています 対する共産主義は「平等社会」です 「人間は公平でなけれ…

ドリームキラーは遠ざける

貴方を発火させない人 なにかやろうとした時 「それは無理だ」 「やめといた方がいい」 「その仕事はAIに奪われる」 「日本は人口減るし」 と前進を阻む人がいます これをドリームキラーと呼びます 発火したあなたのやる気を消してしまいます そもそもあなた…

100歳の自分を考える

寿命が延びるのは幸運なこと 皆さんは「100歳の自分」を考えたことがありますか? 「オヤジも60代で亡くなったし、俺は70歳かな・・・」などと推測している人もいますが そうならないと思います 同じグループの保険会社の人と話していた時のこと 「今…

自分が働く・お金が働く・土地が働く

いい話は向こうからは来ない 日本経済は少しづつ下り坂です 少しづつです それに伴い、若手から年配者まで「投資」に関心が高まっています 「副収入を得たい」から「給料を上回る金額を得たい」まで人それですが、やはり「投資は怖い」「投資話は怪しい」な…

人生100年時代に備える知識

戦後一気に伸びた寿命 織田信長は「人生50年」と謳っていました 本能寺の変で亡くなったのは49歳の時です 日本人の平均寿命が50歳を超えたのは1947年です それまでは人の人生は半世紀だったと言えます 一次産業就労者が多かったので「労働は死ぬま…

人が行動を起こす発火点2つ

行動を起こすまでに壁がある いい話を聞いたり いい本を読んだり 「これはやるべきだ!」と心に響いても行動に移すのはまた別次元です 私の場合でも 読みかけの本は多いし、年間計画の改善案は手つかずのものがいくつかあります 「忙しい」「仕事で疲れた」…

頼れるのはコーチング型・好かれるのはカウンセラー型

管理監督職にコーチングスキルを導入する企業は多い 富士通がピープルアナリティクスを活用してコーチング型マネジメントの浸透を図る取り組みをしているそうです 私の新卒入社で以前いた会社もそうでしたが、コーチングスキルを活かしマネジメントの質を上…

一極二元論 東洋哲学は素晴らしい

哲学は西洋だけのものではない 世界的に有名な投資家ジムロジャースが「必要な教養は歴史・哲学・数学」と発言以来「たしかにそうだ!」と哲学を学ぶものの やはり難しいです・・・ 特に最初のギリシャがおそろしくつまらないです 「歴史は繰り返す」「感覚…

日本人は「腹」を重視する

頭だけではダメ!腹に落ちないと 海外の大学生を採用しています その教育担当は私です 「説明しにくい日本語」に「腹に落ちる」があります いつの間にか彼ら彼女らに「腹シリーズ」と呼ばれるようになりました ・腹に落ちる ・腹が立つ ・腹を決める ・腹を…

ピグマリオン効果は人を育てる

人は扱い方で成長が違う 台湾のIQ180で知られるオードリー・タンがドイツの小学校にいた頃、同級生が皆、自分よりだいぶ年上に見えたそうです 自分のことは自分で判断し決めることができる これは大人たちが子供を大人として扱うから 子供はその期待に応…

私達凡人が運気を上げる方法

人間は平等ではない 我々人間が平等なのは「1日24時間」という時間と法治国家に暮らすのであれば「法の下に平等」という2つだけです 低い位置にいればいるほど平等を訴えます 「働いても働いても貧乏だ!金持ちはずるい!不平等だ!」 でも財を成して金持ち…

五本能の高次元・低次元

守備本能の高次元・低次元 以前、人間の持つ五本能を述べました 東洋思想から来ています 東洋の心理学とも言えます 各五本能は必要で備わっているので いい悪いはありません 高次元で発揮されるのか、低次元のものなのかの問題です 低次元で発揮されると稚拙…

陰が極まれば陽となる

悪い時期は続かない 東洋思想には 陰が極まれば陽となる 陽が極まれば陰となる という考えがあります 道教思想から来ているとされています 悪い状態も極限まで達すれば陽転する 逆にいい状態も頂点に達すれば陰転する というものです 朝の来ない夜はない の…

6万回の想うと思考

睡眠時意外は頭は常時稼働している 人の頭脳は睡眠時以外常に稼働しています 1日に 考える か 想う を6万回行うそうです 7割から8割で 想う が多いようですが、この6万回の稼働をもっと活かせないものでしょうか・・・ 以前、社外研修でお世話になった会…

元号の意味するもの

過去の元号を観る 言葉には言霊が宿ると言われています だから良書を読むことはいいことだとも言われました 特に何十年も使われる元号には強い言葉が宿ると言われています 明治は明るく治めようとした時代 大正は大いなる正しさを求めた時代 昭和は日=世界…

2020年入社の新入社員は「厚底シューズ型」

育った時代環境をパロッた「今年の新入社員」 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所が毎年入社年度別の新入社員のタイプを発表します その時の環境からどういう新入社員になるのかパロったネーミングになっています 「令和2年度新入社員のタイプ」は…

精神は美しくあろうとする日本文化

日本独自の民族気質 東洋思想は陰陽2方向で語られます 以前韓国の大学を出た社員とのミーティングで「日本人はお金を稼過ぎる人を良く思わない様に感じる」と言われたことがあります 新入社員は外国人の大卒も採用しているのでしばらくすると日本人独特の気…